2006年02月19日

センターラインの要・・・その後

先日のインキン話をご覧いただいた方のうちごく一部の方から、よその知らんおっさんのキンタマにもかかわらず、暖かいお気遣いや励ましのお声を頂いた。だが、「その後おまえのキンタマはどうなったんだ?特にあの黄金の左のキンタマは大丈夫か?」などと突っ込んでは誰も聞いてくれないだろうから、ここで現状報告しておきたいと思う。

皮膚科の先生にはまだ診てもらってない。ある古典的な市販薬で治療しつつ様子を見ている現状だ。よくなっているのは間違いない。痒みも気にならなくなった。その古典的な薬とは、「タムシチンキ」(小林製薬)である。

   tamushi.jpg VFSH0044.JPG

昨今、水虫系の市販薬も病院のと同じ成分という謳い文句のものが出ていたり、また、そういう成分から考えられたであろうネーミング(ブテナロックとか)のものなんかがよくある。私は今回自分のキンタマの不祥事にあたり、そういう今風のネーミングものには目もくれず、なぜか「タムシチンキ」・・・そのまんまやんという懐かしささえ覚えるその薬を買った。(ただ安かっただけだやろ・・・などと決して言ってはいけない)

しかし、バカにしてはいけない・・・その地味なパッケージからは想像も出来ない程の破壊力を持った薬であった。文字通りキンタマが破壊されるんではないかと思うくらい飛び上がった。写真のようなスティックで液体をペタペタと塗りたくるんだが・・・これがもう・・・目から火が出るなどとは言うが、これはキンタマが燃えているといった感じだ。特に風呂上りなんかはもう死亡遊戯である。塗った後すぐに団扇で扇ぎたおさないと本当に死んでしまいそうだ。私なんか最初、風呂上りに塗った時は立ってることすらままならず、仰向けに寝転んで、股全開で「うぉ〜〜〜っ!」と叫びながら団扇(これがなぜか高級京団扇だった)でパタパタしまくった。

この京団扇を作られた職人さんもまさかおっさんのキンタマを扇がれるとは夢にも思ってなかったことであろう。高級で上品なものを低俗で下品な事に使用するという新境地を切り開いたということで許して頂きたい。(限りなく上品に近いおげれつ)

てな感じでバタバタとアホなことをしながらも快方に向かっている、キンタマちゃんの続報でした。

ほなまた^^


syukanbrog.gif
 ←週間ブログランキング 燃えるキンタマクリック!

ブログランキング ブログ村 おかげ様で?になりました^^;


                    《 PR 》



   ↑ よう眠れまっせ^^ ↑




「料理の鉄人」のあの仕掛け人が探し集めた 超希少グルメ


京都から心と体に優しい健康食品のご案内
[クラブアークレイ]万歩計プレゼントキャンペーン実施中!(2006年2月28日まで)


京都で生まれ、京都で愛され50年!3代目がつくる太田さん家の手づくり洗剤


posted by レッドフォックス at 00:24 | 京都 ☁ | Comment(22) | TrackBack(1) | 身体の事
この記事へのコメント
相変わらず高級フランスレストランで、すうどんをズルズルっとすするB級的な表現に感心するばかりです。
キャンタマちゃんは快方に向かってるみたいで何よりです。
ところで、ブログ村に登録されてる画像は自画像なんですか?
Posted by に〜やん at 2006年02月19日 01:02
「その後おまえのキンタマはどうなったんだ?特にあの黄金の左のキンタマは大丈夫か?」
 ↑
そうよ〜どうなったか???
たまちゃんは〜
(メンテ入る前に来たよん)
かなり〜痛そうな治りかただけど〜
快方には向かっているのね!!!
良かったわん★安心しました〜
半ちん浴はもう少しの我慢ねっガンバレ!

京団扇でチンを扇ぐ男。。。Mr.レッドフォックス
ブログ村の画像を見にいこ〜(笑)
Posted by あんじー at 2006年02月19日 01:10
(*≧m≦*)ププッ
メンテの合間にハゲウララになったんですね。
レッドさん、ハゲオヤジだったんですか〜?
ワタクシもよその旦那様のタマちゃんを
心配しておった一人ですが、
タムシチンキにもがき苦しむレッドさんを想像して
腹抱えて笑ってしまいました。
いや〜、でも快方に向かってるとのことでなによりです。
(^w^) ぶぶぶ・・・
Posted by まめ at 2006年02月19日 01:57
に〜やんさん
早速お気づきになって下さいましてありがとうございます。
紛れもない自画像です^^;(恥ずかし・・・)
Posted by レッドフォックス at 2006年02月19日 12:52
あんじーさん
そんな事で安心して頂いて恐縮です^^;
半ちん浴はもう封印します・・・
Posted by レッドフォックス at 2006年02月19日 12:54
まめさん
>メンテの合間にハゲウララになったんですね。
そういう訳でもないんですが^^;
はい、ハゲオヤジでございます。今頃気付きましたか・・・みんな知ってると思てた^^;

Posted by レッドフォックス at 2006年02月19日 13:00
古典的な薬や〜。
痛そうですね。
京団扇もまさかお稲荷様をあおがれるとは
思ってなかった〜。
それ、家族も見てたの?
奥さんがあおいでくれた??
Posted by 銭花 at 2006年02月19日 22:52
写真のようなスティックで液体をペタペタと塗りたくるんだが・・・
って イボンヌおバカさんだから〜説明だけじゃわかんない〜
塗ってる時の写真も載せてくれないとわかんない〜

それよりちょっと〜あれ本当にレッドさんの頭なの〜?
以前さぁ私の所で竹中直人って言ってたでしょ?
竹中直人じゃ〜ないじゃんっ
もはや織田無道じゃんかっ!
Posted by イボンヌ at 2006年02月20日 01:06
こんちゃ〜。ハゲウララまた覗きにきました〜。
で、イボンヌさんのコメントにバカウケヾ(>▽<)o
どこどこ?どこにレッドさんの頭があるの?
レッドさん織田無道だったのぉ〜〜??
ちょっと探してこよ。
Posted by まめ at 2006年02月20日 10:18
私は昔、「タムシチンキ」は、成分の名前、すなわち「タムシ」という虫のエキスが薬になっているんだと思っていました。
「冬虫夏草」みたいに…。
確かにレッドさんの頭は、織田無道でした。
早く「お稲荷さん」が元気になりますように。
Posted by フランソワ at 2006年02月20日 11:27
私も見た〜ブログ村

織田無道〜同感!!!
うちの旦那と同じだから〜
安心した(なんでも安心 笑)
Posted by あんじー at 2006年02月20日 16:35
横レスでゴメンナサイ。
あんじーさんとこのご主人て織田無道なんですか?
Posted by フランソワ at 2006年02月20日 16:51
私も見つけた〜!織田無道(≧∇≦)
Posted by まめ at 2006年02月20日 19:02
銭花さん
そんなもん人前ではやりません・・・
でも叫び声は聞こえていたと思います
Posted by レッドフォックス at 2006年02月20日 20:20
イボンヌさん
言い訳します・・・
今は1厘刈り(ほぼスキンヘッド)にしています。
写真はちょっと毛が生えてきたとこですなぁ。
以前はもうちょっとのびていた・・・
確かにこれでは竹中より織田ですねぇ^^;
でも織田無道は勘弁して下さい^^;
Posted by レッドフォックス at 2006年02月20日 20:26
まめさん
だからぁ〜 織田無道は勘弁して下さい
Posted by レッドフォックス at 2006年02月20日 20:28
フランソワさん
>「タムシ」という虫のエキスが薬になっているんだと思っていました
なかなかすばらしい思い込みですなぁ^^ でも言われてみると、なんかありそうやなぁ。
Posted by レッドフォックス at 2006年02月20日 20:32
あんじーさん
安心してもらうのは結構ですが織田は勘弁して下さい・・・ 
頼みまくり^^;
Posted by レッドフォックス at 2006年02月20日 20:34
>フランソワさん

うちの旦那は頭は織田で〜す。
おまけに体がでかいので〜
近所の人から「格闘技やってるの〜?」と
言われました。。。見た目はヤバいですぅ

>レッドさん

もう〜顔出すしかないよ〜フォッフォッフォッ
バルタン星人
Posted by あんじー at 2006年02月20日 20:59
「チンキ」ってこの薬に一番ハマリ
ますね。
珍器にチンキ、チンキは珍貴
かぃ〜の から いた〜ぃの
早く鎮火しますように。
友人が昨年まで○○ウララの名で
ある劇団におりました。ぷぅぅ。。
Posted by ○イヤロ at 2006年02月20日 22:28
○イヤロ さん
珍器て^^; 骨董品みたいに・・・
だいぶ鎮火してまいりました
ご友人さんによろしくお伝え下さい・・・
パクッちゃってすんません^^;
Posted by レッドフォックス at 2006年02月20日 23:17
あんじーさん
顔出す前に出すとこが何箇所かあります・・・
まずは・・・  イッヒヒヒヒ
Posted by レッドフォックス at 2006年02月20日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

水虫の予防と対策を考える
Excerpt: 最近、ブーツを履く女性が増えているせいか、女性にも水虫が多くなっているそうです。早めの対策をしないといけません。(爪・写真・症状・薬・足裏)
Weblog: 水虫対策リンク
Tracked: 2006-03-21 01:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。