2006年07月04日

ちょっと思い出したんですが・・・

いきなりですが、今回は・・・というより、今回も、季節感も何もない、ふと思いついただけの、何の役にも立たないどーでもええ内容になることをご承知おきの上、お読み下さい^^;

昭和40年代に一世を風靡した、「子連れ狼」の歌について長年思っていた事についてちょっと書いてみます。1971年12月に発売されたらしいこの歌、橋幸夫と若草児童合唱団が歌いヒットした。(作詞:小池一雄、作曲:吉田正)

とりあえず1番の歌詞を・・・

「小高い丘の城跡の崩れかけてた東屋で、その子は父を待っていた。この日の朝には帰るはずの父であった。それが三つ目の朝となり、四つ目の夜が来て、五つ目の朝が雨だった・・・」(セリフ)
シトシトピッチャン・シトピッチャン・シトピッチャン
哀しく冷たい雨すだれ
幼い心を凍てつかせ
帰らぬ父(ちゃん)を待っている
父(ちゃん)の仕事は刺客ぞな
シトシトピッチャン・シトピッチャン
シトシトピッチャン・シトピッチャン
涙隠して人を斬る
帰りゃいいが帰りゃんときゃあ
この子も雨ん中 骨になる
この子も雨ん中 骨になる
あぁ〜大五郎 まだ三歳(みっつ)
シトシトピッチャン・シトピッチャン
シトシトピッチャン・シトピッチャン


三歳の男の子が、たった1人で父の帰りを待っている。いつ死んでもおかしくない仕事を持つ父をじっと待っている。父は父で、自分が死んでしまっては、子供ものたれ死んでしまう・・・あぁ、なんの因果でこうなってしまったのか・・・ みたいな感じのなんとも切ない歌にそれなりの感動は覚えるわけなんですが・・・ 皆さんもある程度の年齢の方なら♪シトシトピッチャン・シトピッチャン・・・という児童コーラスの件は耳にされた事がおありかと思います。中には♪シコシコピュッピュッ・シコピュッピュッ・シコピュッピュッとくだらん替え歌を口ずさんでおられた男性諸氏もおられたかもしれません(ワシだけか^^;)そんな事はおいといて・・・私がお伝えしたいのは、この先の事なんです。つまり、2番、3番の歌詞についてです。知っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、知らない方も多いのではないかと思いまして、こんな記事を書いたのですが・・・ 1番ならともかく、2、3番なんて、今となってはなかなか聴く機会なんてないじゃないですか・・・現に私も数年前に、偶然車の中でAMラジオから流れていたのを聴いたのを最後にそれ以来聴いた事がありません、というより、その時初めて聴いたと思います。

まぁ、とりあえず2番の歌詞を・・・

ヒョウヒョウシュルル・ヒョウシュルル・ヒョウシュルル
寂しくひもじい北風
こけし頭をなでていく
帰らぬ父(ちゃん)は今どこに
父(ちゃん)の仕事は刺客ぞな
ヒョウヒョウシュルル・ヒョウシュルル
ヒョウヒョウシュルル・ヒョウシュルル


子連れ狼と言えば、2番と言えどもシトシトピッチャンでしょ・・・って勝手に思ってたんで仰天しました^^; 何?ヒョウヒョウシュルルて?ほんでまたちょっと言いにくいし^^;北風の寒〜いイメージなんやろうけど、それがまた、こけし頭をなでていくて^^;切なさと感動が若干薄れて、ちょっとプッって感じになってしまったのです。

そしていよいよとどめの3番です・・・

「六つ目の朝 霜がおりた。季節の変り目を告げる別れ霜が・・・」(またセリフ)
パキパキピキンコ・パキピンコ・パキピンコ
雨風凍って別れ霜
霜踏む足がかじかんで
父を探しに出て行く子
父(ちゃん)の仕事は刺客ぞな
パキパキピキンコ・パキピンコ
パキパキピキンコ・パキピンコ
涙隠して・・・
    ・
    ・
あぁ〜大五郎 まだ三歳(みっつ)
パキパキピキンコ・パキピンコ
パキパキピキンコ・パキピンコ
パキパキピキンコ・パキピンコ (フェードアウト・・・)


どうです?2番でヒョウヒョウシュルルときてたんで、少々の事ではビビらんぞと思ってたのですが、思わずハンドルに頭突きかましそうになりましたわ・・・なんでもええけど、パキパキピキンコてあんた^^; 輪ぁかけて言いにくいし^^; 児童合唱団のかわいい歌声でパキパキピキンコて連呼されても^^;どーせーっちゅう話ですわ、ほんまに^^; そらまぁ、霜を踏む幼児の様子を捉えた感じとしては見事なフレーズやとは思いますが・・・ パキパキピキンコでフェードアウトされても・・・ もう完全に切なさも感動もぶっ飛び、パキパキピキンコしか耳に残ってませんでしたわ^^;

知っておられたらどーって事ないでしょうが、ご存知なかった方なら多少なりとも「へぇーっ」って感じでトリビアったのではないでしょうか?

ついでといっちゃぁなんですが、私なりの4番を・・・

ハゲハゲウララ・ハゲウララ・ハゲウララ
悲しく寂しいハゲ頭
幼い子供を凍てつかせ・・・


子供ビビらしてどないすんねん^^;



a88x31a.gif
 ←くつろぐブログランキング パキパキピキンコクリック 

ブログランキングにほんブログ村


                    《 PR 》

東中野駅近く 焼き鳥「とくちゃん」 オープンしました。 私の幼馴染のお店です。お近くの方いっぺん行ってやって下さい^^






   ↑ よう眠れまっせ^^ ↑

京都で生まれ、京都で愛され50年!3代目がつくる太田さん家の手づくり洗剤



posted by レッドフォックス at 22:58 | 京都 ☁ | Comment(12) | TrackBack(0) | アホ
この記事へのコメント
パキパキピキンコ!
変な呪文みたいやで!!
2頭身キャラが繰り出す魔法か?

2番3番の存在は全く知りませんでした。
いや〜、うれし〜わ〜。
「へぇ〜」連打。

たしかに幼子残して死ねません。
私はあと30年は生きるぞ〜。
レッドさんもがんばれ!
Posted by 銭花 at 2006年07月05日 04:27
な〜るほど〜!!それで、テレビでは1番しか歌わないんですね。
パキピンコね〜。
霜を踏むには、無理のある擬音ですね〜。
そんなに固い霜があったらお目にかかりたい。
ほとんどツララ状の硬い氷の針を踏んでいる音です。
普通「ザクザク」いいますよね。
凄い、笑える歌だったことが感動です〜。
Posted by フランソワ at 2006年07月05日 11:20
レッドさんトレビアに思わず『へぇ〜』どころじゃなかったっす。
聞き慣れているとは言えど『シトシトピッチャン』もどーよって感じでしたが、ヒョウヒョウシュルルにパキパキピキンコ!?信じられません。

♪シコシコピュッピュッ♪は当然嬉しがりの如く言うてましたね。
Posted by に〜やん at 2006年07月05日 21:07
銭花さん
2頭身キャラて^^;
せめて3頭身にしといてあげて下さい・・・
あと30年ねぇ^^; むりかな^^;
Posted by レッドフォックス at 2006年07月05日 22:24
フランソワさん
>ほとんどツララ状の硬い氷の針を踏んでいる音です。
ほんまやねぇ、ツララにヘッドパッドかましながら歩いてたんですかねぇ^^;
Posted by レッドフォックス at 2006年07月05日 22:27
に〜やんさん
パキパキピキンコて・・・
パンツ内に精子発射して乾いてしもたんやないっちゅーねん^^;
ねぇ・・・ ちょっと無理があるか^^;
Posted by レッドフォックス at 2006年07月05日 22:31
最近、子連れ狼2を録って観てるよ〜
拝 一刀。。。アイシャドウが黒過ぎる(笑)
因みにこっちはバーブ佐竹が歌ってるよ〜

シトシトピッチャンは3番まで知ってました。。。(爆
フォ〜でしょ(笑)
漫画でも読みたいなぁ〜(小池さんと言えばゴルゴ13)

ハゲウララ〜なんでもOKやん(笑)


Posted by あんじー at 2006年07月05日 22:49
あんじーさん
さすが奥さん^^ よくご存知で^^
そうなんです・・・ ハゲウララ・・・
なんでもOKなんです^^; 許してちょんまげ(古ぅ)
Posted by レッドフォックス at 2006年07月05日 22:58
へぇ〜 2番と3番知らなかった
で、コメント書いてる皆さんって北国の方はいないのかしら・・・?
なまらしばれる(とても凍てつく寒さ)日は
確かにパキとかピキとかいいますよ
でも〜ピキンコって〜 
ピキンコはなんぼなんでもおかしいべさ (笑)

で、レッドさんなりの4番ね (笑)
本当に どんな話でもここに持ってくんだから〜(笑)
その才能 素晴らしいっ!

ハゲハゲウララ・ハゲウララ・ハゲウララ
悲しく寂しいハゲ頭
三十路の女も凍てつかせ〜♪
Posted by イボンヌ at 2006年07月06日 02:36
イボンヌさん
イボイボイボンヌ・イボボンヌ・イボボンヌ・・・

ボを1個多目でお願いします^^;
Posted by レッドフォックス at 2006年07月06日 21:28
最近 ほんまに シトシトピッチャンで いややねぇ〜  なんか 子供の頃の歌って へんなのあるなぁ  ズビズバー パパパヤー やめてけれ やめてけれ やめてけーれ ゲバゲバ 
みたいなの あったよね  あれもなんとも 切ない感じ・・・ しない 
それに 夜明けのスキャット ルールールルール終わったとおもたら パーパーパパーパ〜って いつ 歌はじまんの って 子供心に 思ってたわ   今年の冬には、パキパキピキンコを 是非 鼻歌にしたいと 思うわ 忘れてたら 言ってね!! いや 近くで歌って ください!! 
Posted by ゆう at 2006年07月06日 22:44
ゆうさん
夜明けのスキャットは確かに思いましたわ・・・
シャバダバシャバダバ〜 ってあれはちょっとちゃうか^^;
パキパキピキンコ・・・ 近くで歌ってあげます^^
Posted by レッドフォックス at 2006年07月09日 09:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20278270
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。